芸能人・経営者のおくやみ情報

藤原時平(ふじわらのときひら)

公卿[日本]

(貞観13年生、延喜9年4月4日薨去、菅原道真の大宰府への左遷を画策する)

(ユリウス暦) 0909年 4月26日 死去享年39歳

藤原時平 - ウィキペディアより引用

藤原 時平(ふじわら の ときひら、貞観13年(871年) - 延喜9年4月4日(909年4月26日))は、平安時代前期の公卿。
藤原北家、摂政関白太政大臣・藤原基経の長男。
官位は正二位・左大臣、贈正一位・太政大臣。
本院大臣と号した。
藤原北家の嫡子として若くして栄達するが、父・基経の死の時点ではまだ若年であったため、宇多天皇は親政を始め、皇親である源氏や学者の菅原道真を起用した。
醍醐天皇が即位すると道真とともに左右大臣に並ぶが次第に対立し、遂に道真を讒言して大宰府へ左遷させた。
時平は政権を掌握すると意欲的に改革に着手するが、39歳の若さで死去した。
その早すぎる死は怨霊となった道真の祟りと噂された。
生涯 藤原基経の長男として生まれる。
父の基経は陽成天皇を廃し、光孝天皇を擁立して太政大臣として朝政を執り絶大な権力を有していた。
光孝天皇は常に基経の意を迎えていた。
仁和2年(886年)16歳で元服する時平に対して、光孝天皇は宮中でも最も重要な仁寿殿で式を執り行わせ、自ら加冠の役を果たし、この少年に正五位下を授ける。

ふじわらのときひら [生]貞観13(871).京都[没]延喜9(909).4.4.京都平安時代の廷臣。基経の長子。光孝天皇の擁立に功のあった父のおかげで,仁寿殿で天皇から加冠された。寛平2(890)年従三位,昌泰2(899)年左大臣。藤原氏の専権抑制のため登用された右大臣菅原道真を大宰権帥に左遷し,藤原氏の地位を不動にした。『日本三代実録』『延喜式』の撰修に参与,また律令制の維持に努め,封戸2000戸を給された。彼が病死すると,世人はこれを道真のたたりとし,「右(道真)流,左(時平)死」の語が流布した。没後,正一位,太政大臣を追贈。 (引用元 コトバンク)