訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

徳川家宣(とくがわいえのぶ)

第6代江戸幕府将軍、正徳2年10月14日没[日本]

1712年 11月12日 死去享年51歳

徳川家宣 - ウィキペディアより引用
徳川 家宣(とくがわ いえのぶ)は、江戸幕府第6代将軍(在職:1709年 - 1712年)である。
甲府藩主・徳川綱重(甲府宰相)の長男で、母はお保良の方(長昌院)。
正室は近衛基熙の娘・熙子(天英院)。
子に徳川家継ほか。
第3代将軍・徳川家光の孫に当たる。
幼名は虎松。
初名は綱豊(つなとよ)。
生涯 寛文2年4月25日(1662年6月11日)、徳川綱重の長男として、江戸根津邸にて生まれる。
父が正室を娶る直前の19歳の時に、身分の低い26歳の女中・お保良(長昌院)に生ませた子であったため、世間を憚って家臣の新見正信に預けられ、養子として新見左近を名乗った。
生母は寛文4年(1664年)に死去している。
9歳のとき、他の男子に恵まれなかった綱重の世嗣として呼び戻され、元服して伯父である4代将軍・徳川家綱の偏諱を受けて綱豊と名乗った。
延宝6年(1678年)10月25日に父・綱重が死去し、17歳で家督を継承し、祖母・順性院に育てられた。
延宝8年(1680年)、家綱が重態となった際には、家綱に男子がなかったことから綱重の弟である上野館林藩主・徳川綱吉とともに第5代将軍の有力候補であったが、堀田正俊が家光に血が近い綱吉を強力に推したため、綱豊の将軍就任はならなかった。
題名
正徳の治―徳川家宣の生涯
著者
森谷〓@43F2@暉
発売元
高文堂出版社
発売日
2006-06
新品価格
¥ 8,000 より
中古商品
¥ 7,700 より
題名
骨は語る 徳川将軍・大名家の人びと
著者
鈴木尚
発売元
東京大学出版会
発売日
1985-12-01
新品価格
¥ 5,400 より
中古商品
¥ 4,860 より
題名
消えた将軍 - 大奥同心・村雨広の純心2 (実業之日本社文庫)
著者
風野真知雄
発売元
実業之日本社
発売日
2013-12-05
新品価格
¥ 596 より
中古商品
¥ 1 より
題名
和算の道を切り拓いた男 学問修業と仕官の道への記―和算の大家関孝和の生涯
著者
心身進化
発売元
文芸社
発売日
2015-09-01
新品価格
¥ 864 より
中古商品
¥ 293 より
題名
徳川将軍家墓碑総覧
著者
秋元茂陽
発売元
パレード
発売日
2008-01-10
新品価格
¥ 8,640 より
中古商品
¥ 5,395 より
題名
徳川幕府 歴代将軍ランキング
著者
徳沢千恵和
発売元
発売日
2016-05-23
新品価格
より
中古商品
より
題名
いまの日本の基礎を作った! 知られざる江戸時代中期 200年の秘密 (じっぴコンパクト新書)
著者
島崎晋
発売元
実業之日本社
発売日
2017-07-07
新品価格
¥ 864 より
中古商品
¥ 86 より
題名
<徳川家と江戸時代>女たちの権力争い 天英院と月光院大奥での暗闘! (歴史群像デジタルアーカイブス)
著者
安西篤子
発売元
学研プラス
発売日
2014-12-12
新品価格
より
中古商品
より
題名
学習まんが 少年少女 人物日本の歴史 徳川吉宗
著者
小井土繁と学習まんが集団
発売元
小学館
発売日
1987-01-01
新品価格
より
中古商品
より
題名
徳川女系図〈家宣 妖炎の巻〉 (1966年)
著者
岩崎栄
発売元
徳間書店
発売日
1966
新品価格
より
中古商品
¥ 474 より

↑ PAGE TOP