訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

岡本好古 氏(おかもとよしふる)

作家[日本]

(主な著書に「日本海海戦」「漢の武帝」「悪魔の小宇宙」など)

2018年 1月7日 死去虚血性心不全享年88歳

岡本 好古(おかもと よしふる、1931年11月3日 - )は作家。
京都市生まれ、同志社大学文学部中退。
1971年機械と人間を主題とした『空母プロメテウス』で小説現代新人賞を受賞。
以来、戦争小説、歴史小説を書き継ぎ多くの作品を発表する。
日本ペンクラブ、日本文芸家協会、日本推理作家協会、各会員。
著書 『最後の艦隊』 『新名将言行録 生き方・死に方・考え方』 『ガンマン・ジム 壮烈!大西部の詩情』 『夢幻のはざま』 『名将の戦略 その攻めと守りの危機管理とは』 『東京大空襲』 『背水の陣 悲将韓信の生涯』 『元の皇帝フビライ 大草原の虹』 『日本海海戦』 『歴史にみる「勝つリーダー、負けるリーダー」何が明暗を分けるのか』 『空母プロメテウス』。

「岡本好古」と関連する人物(故人)