芸能人・経営者のおくやみ情報

西原博史 氏(にしはらひろし)

左派法学者、早稲田大学教授・憲法学・比較憲法学・教育法[日本]

(中央高速道で中央分離帯に衝突し、車道に降りたところを後ろから来たトラックにはねられる)

2018年 1月22日 死去交通事故享年61歳

西原 博史(にしはら ひろし、1958年 - )は、日本の法学者。
早稲田大学社会科学総合学術院教授。
専門は、憲法学・比較憲法学・教育法。
1992年、早稲田大学大学院法学研究科博士課程後期課程満期退学。
1996年、博士(法学)(早稲田大学)。
1992年早稲田大学社会科学部専任講師、1994年同助教授、1999年同教授を経て、2004年、同大学社会科学総合学術院教授。
研究テーマは思想・良心の自由、基本的人権の基礎理論、福祉国家と憲法、平等権など。
早稲田大学社会科学部のほか東京大学教育学部(2005-2008年)、大学院教育学研究科(2009年~2012年)、東北大学法学部(2007年)でも教鞭を執る。
刑法学者で、元早大総長の西原春夫は実父。
一橋大学教授の阪口正二郎とは早大での親友。
人物・研究 近年、従来の教育法学の通説的議論(堀尾・兼子など)に対する批判を展開し、一定の支持を受けている。
「『君が代』伴奏拒否訴訟最高裁判決批判-『子どもの心の自由』を中心に」世界2007年5月号137頁は、教師を子どもの人権にとって危険な存在と捉えており、ラディカルな主張をする論文として、議論を呼んだ。

「西原博史」と関連する人物(故人)