芸能人・経営者のおくやみ情報

リチャード・ウィドマーク 氏Richard Widmark

俳優[アメリカ]

2008年 3月24日 死去享年95歳

リチャード・ウィドマーク - ウィキペディアより引用

リチャード・ウィドマーク(Richard Widmark、1914年12月26日 - 2008年3月24日)は、アメリカ合衆国の映画俳優。
生涯 1914年12月26日、ミネソタ州に生まれる。
父親はスウェーデン系、母親はイングランドおよびスコットランド系。
レイク・フォレスト大学で法律を学ぶ傍ら、演劇に熱中。
卒業後しばらく母校で講師を務めたが、1938年俳優を志してニューヨークに出る。
ラジオの仕事を経てブロードウェイの舞台に立ち、戦後の1947年、ヘンリー・ハサウェイ監督『死の接吻』のオーディションに合格。
殺し屋トミー・ユードー役で、いきなりアカデミー助演男優賞候補にノミネートされる。
灰色の目としゃがれた声、冷やかな笑顔をトレードマークに、主にギャング映画での非情な殺し屋、戦争映画での冷徹で人望のない指揮官役などで持ち味を発揮。
敵役として大いに売り出したが、やがて悪役イメージからの脱却をはかり(愛する娘が学校などでイジめられない為に、と言われている)、やがて善玉・悪玉の両方を演じられる貴重な性格俳優としての地位を確立する。

Richard Widmark (1914-2008) アメリカの俳優。40年代舞台で活動を始め、44年『死の接吻』で映画デビューし、いきなりアカデミー賞助演男優賞にノミネート。 以後、映画、TVなどで活躍し、92年に引退。 2008年3月24日コネチカットの自宅で死去。 (引用元 Hatena Keyword)

「リチャード・ウィドマーク」と関連する人物(故人)