芸能人・経営者のおくやみ情報

小松崎茂 氏(こまつざきしげる)

画家イラストレーター[日本]

2001年 12月7日 死去心不全享年87歳

小松崎 茂(こまつざき しげる、1915年2月14日 - 2001年12月7日)は東京出身の画家・イラストレーターである。
空想科学イラスト・戦記物・プラモデルの箱絵(ボックスアート)などで幅広く活躍した。
日本画~少年誌での活躍 小松崎は東京の南千住で生まれ、青年期には日本画家を志望し花鳥画の堀田秀叢(ほったしゅうそう)に学ぶ。
しかし、転じて秀叢の弟弟子の画家・小林秀恒の下で挿絵画家の道を歩むことになる。
1938年に「小樽新聞」に連載の悟道軒圓玉の講談小説『白狐綺談』の挿絵でデビューし(筆名は「恒方」)、翌年には科学雑誌『機械化』の挿絵で、戦争物や空想科学を題材にした絵を描き評判になる。
本名のほか「三村武」「最上三郎」といった筆名を使い分けるなどして『機械化』誌上を賑わせた。
第二次世界大戦ごろには小松崎の描く挿絵は俄然注目されるようになり、少国民向け雑誌に戦記小説の挿絵や、軍艦、戦車、飛行機などの戦争イラストを数多く発表する。

こまつざき-しげる 1915-2001昭和-平成時代の挿絵画家。大正4年2月14日生まれ。小林秀恒(ひでつね)に師事し,雑誌の挿絵を中心に活躍。戦後「地球SOS」「大平原児」などSFや冒険ものの絵物語で少年の人気をあつめた。のち少年漫画雑誌の口絵,プラモデルの箱絵などをえがく。平成2年「小松崎茂の世界・ロマンとの遭遇」で日本美術出版最優秀賞。平成13年12月7日死去。86歳。東京出身。 (引用元 コトバンク)

「小松崎茂」と関連する人物(故人)