訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

ヨハネ23世 氏

ローマ教皇[イタリア]

1963年 6月3日 死去胃がん享年歳

ヨハネ23世 - ウィキペディアより引用
『ヨハネ23世 (ローマ教皇)』より : ヨハネ23世(ラテン語: Ioannes PP. XXIII、英語: John XXIII、1881年11月25日-1963年6月3日)はローマ教皇(在位:1958年10月28日-1963年6月3日)、カトリック教会の司祭。
本名は、アンジェロ・ジュゼッペ・ロンカッリ(Angelo Giuseppe Roncalli)。
第2バチカン公会議の実施を指示して世界を驚かせ、実際に開会までこぎつけたが、会期途中で世を去った。
エキュメニズム(教会一致)の精神に従って、他教会や他宗教との対話に積極的であった。
カトリック教会の聖人である。
ヨハネス23世とも表記される。
15世紀の対立教皇であるヨハネス23世は同名の別人である。
生涯 アンジェロ・ロンカッリは1881年にイタリアのベルガモ郊外のソット・イル・モンテで小作農の家に生まれた。
これは貴族の家系に生まれた前任者のピウス12世とは対照的であった。
1905年に司祭に叙階されたロンカッリは、1915年に従軍司祭・衛生兵として第一次世界大戦に従軍した。