訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

島津斉興(しまづなりおき)

薩摩藩主[日本]

(祖父・重豪の政策により傾いた藩財政を建て直す為、調所笑左衛門を登用する、安政6年9月12日没)

1859年 10月7日 死去享年69歳

島津斉興 - ウィキペディアより引用
島津 斉興(しまづ なりおき)は、江戸時代後期の外様大名。
島津氏第27代当主。
薩摩藩の第10代藩主。
生涯 家督相続 寛政3年(1791年)11月6日、第9代藩主・島津斉宣の長男として江戸で生まれた。
生母の実家鈴木氏は浪人であったため、斉興出生後に藩と鈴木氏との間で諍いが起きている。
文化元年(1804年)10月に元服、将軍・徳川家斉より偏諱を賜って、初名の忠温(ただよし/ただはる/ただあつ)から斉興に改名。
従四位下、侍従兼豊後守に叙任。
文化6年(1809年)6月、近思録崩れの責任を取る形で父・斉宣が祖父・重豪によって強制隠居させられたため、家督を継いで第10代藩主となった。
しかし藩主になったとはいえ、藩政改革などの実権は重豪に握られていた。
天保4年(1833年)、重豪が89歳で大往生を遂げるとようやく藩政の実権を握り、重豪の代からの藩政改革の重鎮・調所広郷を重用して、財政改革を主とした藩政改革に取り組んだ。