芸能人・経営者のおくやみ情報

真屋順子 氏(まやじゅんこ)

女優[日本]

(「欽ちゃんのどこまでやるの!」の母親役で知られる)

2017年 12月28日 死去全身衰弱享年76歳

真屋 順子(まや じゅんこ、1942年1月8日 - )は日本の女優である。
大分県日田市出身。
特技は日舞。
夫は俳優の高津住男。
来歴・人物 朝鮮釜山生まれ。
終戦で3歳のとき引揚げ、日田市で育つ。
大分県立日田高等学校中退後、松竹歌劇団(SKD)に入団。
俳優を志し、俳優座養成所卒業(俳優座13期生)後、劇団雲に研究生として入る。
1975年、演劇集団 円に参加。
1980年には夫の高津と劇団樹間舎を旗揚げした。
舞台活動に加え、『おはなはん』、『となりの芝生』、『コメットさん』、『ひとり暮らし』、『彼女たちの時代』などのテレビドラマでも活躍。
また、1970年代はライオンの家庭用食器洗剤などのCMにも出演。
家庭的なイメージを作り上げ、1976年から放送され高視聴率を記録したバラエティ番組『欽ちゃんのどこまでやるの!?』にはお母さん役でレギュラー出演した。
その一方、刑事ドラマ『太陽にほえろ!』第116話(1974年)では、天本英世らと共に勝野洋演じる三上刑事(テキサス)を監禁するテロ集団の女リーダーを演じるなど、悪女役としても出演している。

俳優。 本名、高津詔子。 1942年(昭和17年)生まれ。2017年(平成29年)12月28日、死去。 SKDから俳優座養成所、劇団円を経て、夫・高津住男と結成した劇団樹間舎に所属。 2000年冬、脳出血で倒れた。 (引用元 Hatena Keyword)

「真屋順子」と関連する人物(故人)