芸能人・経営者のおくやみ情報

大野伴睦 氏(おおのばんぼく)

政治家、衆議院議長[日本]

1964年 5月29日 死去心筋梗塞享年75歳

大野伴睦 - ウィキペディアより引用

大野 伴睦(おおの ばんぼく、本名:大野 伴睦(おおの ともちか)、1890年(明治23年)9月20日 - 1964年(昭和39年)5月29日)は日本の政治家。
東京市会議員を経て衆議院議員となり、衆議院議長、国務大臣北海道開発庁長官、日本自由党幹事長、自民党副総裁を務めた。
没後、従二位勲一等旭日桐花大綬章。
典型的な党人政治家として知られ、「伴ちゃん」の愛称で親しまれた。
また、「政治は義理と人情だ」「猿は木から落ちても猿だが、代議士は選挙に落ちればただの人だ」等の格言を残した。
タカ派の政策集団・青嵐会を結成し、後に農林水産大臣・科学技術庁長官などを務めた中川一郎の政界での師匠として知られる。
生涯 生い立ち 岐阜県山県郡(現・山県市)で大野直太郎の三男として生まれた。
岐阜から上京し、明治大学政治経済学部に入学、弁護士を目指していたが、憲政擁護運動に関心を持ち、1913年(大正2年)に大正政変の暴動に参加するようになった。

政治家(1890-1964)。自由民主党初代副総裁。 本名は伴睦を(ともちか)と読む。 東海道新幹線・岐阜羽島駅を誘致したことでも有名*1で、駅前には銅像が残る。なお、国鉄樽見線(現在の樽見鉄道)の建設にも関わり、線路どころか工場*2まで誘致したことは意外に知られていない。(keyword:我田引鉄) 「政治は義理と人情だ」の名言を残す。 現役時代の番記者には渡邉恒雄がいた。 *1:実情は異なる。詳細は「岐阜羽島駅」の項を参照。 *2:野沢石綿セメント→住友セメント→大阪住友セメント (引用元 Hatena Keyword)