芸能人・経営者のおくやみ情報

東山千栄子 氏(ひがしやまちえこ)

女優[日本]

1980年 5月8日 死去老衰享年91歳

東山千栄子 - ウィキペディアより引用

東山 千栄子(ひがしやま ちえこ、旧字体:千榮子、1890年9月30日 - 1980年5月8日)は、日本の女優。
日本新劇俳優協会初代会長。
本名は河野 せん(旧姓は渡辺)。
築地小劇場を経て俳優座の結成に参加した新劇女優で、舞台では翻訳劇の貴婦人役を多く演じ、特に『桜の園』のラネーフスカヤ夫人役は生涯の当たり役となった。
映画やテレビドラマでは老婦人役を多く演じ、映画『東京物語』の老母役で知られる。
主な栄典・称号・褒章に紫綬褒章、文化功労者。
著書に自伝『新劇女優』など。
妹に料理研究家の中江百合、弟にベース奏者の渡辺良がいる。
来歴・人物 1890年(明治23年)9月30日、千葉県千葉市に生まれる。
司法官で後に貴族院議員を務めた渡辺暢の次女で、10人兄妹の3番目。
生家は代々佐倉藩の城代家老を務めていた。
1899年(明治32年)、母方の伯父である法学者の寺尾亨の養女となり、東京市麹町区富士見町に転居する。
富士見高等小学校高等科2年を終えて華族女学校に入学 し、1907年(明治40年)の卒業後は仏英和女学校(現・白百合学園高等学校)でフランス語を学ぶ。

ひがしやまちえこ [生]1890.9.30.千葉[没]1980.5.8.静岡女優。本名河野せん。学習院女学部卒業。1909年貿易商河野通久郎に嫁し,渡欧。モスクワに8年間滞在。25年2月,35歳で女優を志し築地小劇場の研究生となる。翻訳劇に多く出演,特に『桜の園』のラネーフスカヤ夫人は一生の当り役となり,この役で52年芸術選奨文部大臣賞を受賞した。1929年築地小劇場の解散後は,劇団築地小劇場,新東京などを経て,44年2月9人の同人とともに俳優座を創立,映画出演も多い。66年文化功労者。著書に『新劇俳優』(1958)がある。 (引用元 コトバンク)