芸能人・経営者のおくやみ情報

川上源一 氏(かわかみげんいち)

ヤマハ発動機創業者[日本]

2002年 5月25日 死去老衰享年91歳

川上源一 - ウィキペディアより引用

川上 源一(かわかみ げんいち、1912年1月30日 - 2002年5月25日)は、日本楽器製造株式会社(現在のヤマハ株式会社)の第4代社長であり、ヤマハ発動機株式会社の創業者でもある。
来歴・人物 ヤマハを楽器やオートバイのトップブランドに育てた。
スポーツ用品の製造開発、リゾート事業も手がけ、日本の高度成長による余暇産業の拡大にあわせ、グループの多角化にも大きな成果を挙げ、ヤマハ中興の祖と呼ばれる。
音楽や楽器演奏を身近なものにするため、ヤマハ音楽教室を全国に展開、音楽教育の裾野を広げた。
ヤマハポピュラーソングコンテスト(ポプコン)、世界歌謡祭などを開催し、多くのミュージシャンを世に出す機会を与えたことで、1970年代から80年代の日本のフォークロック界に大きな功績を残した。
アマチュア時代の中島みゆきを見いだしたことも有名。
川上の葬儀の際、中島は献歌として「時代」を捧げた。
ヤマハ発動機の経営者としては、トヨタ自動車とトヨタ・2000GTの共同開発にあたるなどした。
一方、強烈な個性とワンマンぶりから「川上天皇」とも称され、父・嘉市から息子・浩まで川上家がオーナーではないにもかかわらず、3代続けて社長の座に就き、経営の世襲への批判もあった。

かわかみげんいち [生]1912.1.30.静岡,浜松[没]2002.5.25.静岡,浜松実業家。1934年高千穂高等商業学校を卒業後,1937年に父の嘉市が社長を務める日本楽器製造(のちヤマハに改称)入社。1950年社長就任。社長主導の経営を展開して同社を世界的な楽器メーカーに育てた。幼児の音楽教育に力を入れ,ヤマハ音楽教室を全国各地に開設し,1966年に財団法人ヤマハ音楽振興会を設立。またオートバイ事業に進出してヤマハ発動機を設立,1955年から19年間社長を兼務した。スポーツ用品や,リゾート事業も手がけた。1977年にヤマハ社長を退き会長に就任したが,3年後,経営方針をめぐって対立した後継社長を追放して社長に復帰。1983年に長男の浩を社長に据え,厳しい世襲批判を浴びた。熱心に推進した音楽教育に「世界最先端の快挙」と絶賛の声がある反面,「演奏技術にかたより,人間教育がなおざりにされていた」とも指摘され,評価は分かれた。 (引用元 コトバンク)

「川上源一」と関連する人物(故人)