芸能人・経営者のおくやみ情報

杉内雅男 氏(すぎうちまさお)

囲碁棋士[日本]

2017年 11月21日 死去肺炎享年98歳

杉内 雅男(すぎうち まさお、大正9年(1920年)10月20日 - )は、囲碁棋士。
宮崎県出身、日本棋院所属、井上一郎五段門下。
囲碁選手権戦優勝、本因坊戦挑戦者2回など。
厳しい狙いを持つ力戦派で、囲碁に対する真摯な姿勢から「囲碁の神様」の異名をとる。
夫人は杉内寿子八段。
2009年から2015年現在に至るまで日本棋院の最年長棋士であり、プロ生活は70年を超える。
しかし米寿を迎えても打ち分けの年間成績を残すなど、いまだその実力は健在である。
宮崎県都城市に6人兄弟の次男として生まれる。
小学4、5年頃に父や叔父の見よう見まねで囲碁を覚え、地元の囲碁大会で準優勝して神童と言われる。
1933年の小学校卒業後、瀬越憲作に入門を依頼し、門下の井上一郎四段(当時)に内弟子として入門、日本棋院院生となる。
1937年に入段。
この頃、研究機関「青年研究会」に参加。
1941年に教育召集で秋期大手合を休場。
1944年1月に徴兵により北支に出征し、1946年12月に復員。
青年棋士の研究機関「敲玉会」「黎明会」に参加。
1947年、「囲碁研究」誌の若手トーナメントに優勝。

囲碁棋士。 1920年(大正9年)10月20日、生まれ。2017年(平成29年)11月21日、死去。 宮崎県出身。 (引用元 Hatena Keyword)

「杉内雅男」と関連する人物(故人)