芸能人・経営者のおくやみ情報

吉原治良 氏(よしはらじろう)

抽象画家[日本]

1972年 2月10日 死去享年68歳

吉原 治良(よしはら じろう、1905年1月1日 - 1972年2月10日)は、日本の抽象画家、実業家。
吉原製油社長。
具体美術協会の創設者。
大阪市の油問屋(後の吉原製油、現在のJ-オイルミルズ)の御曹司として生まれる。
北野中学校在学中に油絵をはじめる。
関西学院高等商業学部卒業。
渡仏後の1928年に初個展を開き公募展などにも絵画を出展した。
当初は魚を題材に描き、敬愛する藤田嗣治に作品を見てもらう機会を得るが独自性のなさを指摘され、幾何学的な抽象絵画へと徐々に転換した。
1938年には東郷青児主催の二科会の抽象画家らと「九室会」を結成するも、戦時に入ると前衛芸術は黙し、彼もまた写生などを続ける日々を送った。
戦後は吉原製油社長としての実業のかたわら絵画・デザインの発表を再開し、やがて不定形の形を激しい筆致で描いた抽象画(のちにフランスでのアンフォルメル運動との同時性が注目された)を描き始めた。

  • 題名
    田中敦子 もうひとつの具体 [DVD]
    監督
    岡部あおみ
    出演俳優
    1. 田中敦子
    2. 金山明
    3. 森村泰昌他
    発売元
    Ufer! Art Documentary
    発売日
    1998年10月01日
    新品価格
    ¥ 4,320 より
    中古商品
    より

画家。1905-1972 大阪に生まれ、高校在学中に独学で油絵を始めた吉原は、1925年、関西学院高等商業学部入学の頃に芦屋へ転居した。 1928年に初個展を開くが、それらを見た藤田嗣治から、他人の影響がありすぎる点を指摘され、オリジナリティの重要性にめざめる。1934年、第21回二科展に初出品した作品5点がすべて入選して注目され、1938年には二科会内の先鋭な画家たちによる九室会の結成に参加、1941年に二科会員となった。 戦後は1948年に芦屋市美術協会の設立に尽力し代表に就任。新しい美術をめざした関西一円の若い世代の画家たちが、吉原の助言を求めて多数訪れるようになり、それを基として1954年に具体美術協会を結成。リーダーとして同会の活動の展開に力を注ぐと同時に、画家としても自身の過去にとらわれない表現を積極的に探り、1960年代後半に「円」の作品群で高い評価を得た。 (引用元 Hatena Keyword)

「吉原治良」と関連する人物(故人)