芸能人・経営者のおくやみ情報

瀬戸口勉 氏(せとぐちつとむ)

競馬騎手、調教師[日本]

2017年 11月9日 死去急性白血病享年82歳

瀬戸口勉 - ウィキペディアより引用

瀬戸口勉(せとぐち つとむ、1936年11月3日 - )は日本中央競馬会の元騎手、元調教師。
名古屋競馬・弥富トレーニングセンターに所属する調教師瀬戸口悟は実弟。
中央競馬の調教師増本豊は妻の弟。
騎手として 鹿児島県立鹿屋農業高校畜産科に在学中の1955年、京都の上田武司厩舎に騎手見習いとして入り、1959年、騎手としてデビューする。
1963年にはミスマサコで桜花賞を優勝した。
1973年に引退、騎手時代の成績は通算2534戦329勝である。
とくに障害競走での成績は優れたものがあり、145戦55勝。
勝率.379、連対率.641という数字を残している。
 京都大障害(秋)は1959年をハルナサン、1960年をシルバオー、1961年には京都大障害(春)、中山大障害(秋)をトサキングで制している。
調教師として 1973年に調教師免許を取得し、1975年に栗東トレーニングセンターで開業する。
1988年、地方の笠松から転厩してきたオグリキャップが活躍。
2005年は54勝をあげ、JRA賞(最多勝利調教師)を受賞する。

元JRA調教師。元騎手。栗東トレーニングセンター所属。 名古屋競馬・弥富トレーニングセンター所属の瀬戸口悟調教師は実弟。 1936年11月3日、生まれ。 1955年、上田武司厩舎で騎手見習いとなり1959年に騎手デビュー。通算2534戦329勝の成績で1973年に騎手を引退した。 1973年に調教師免許を取得。1988年に公営笠松から転厩したオグリキャップを管理し一躍有名となった。他、オグリローマンで桜花賞、ネオユニヴァースで皐月賞・日本ダービー、サニングデールで高松宮記念、ラインクラフトで桜花賞・マイルC、メイショウサムソンで皐月賞・日本ダービーを制している。2005年は54勝の成績で全国リーディングトレーナーとなり、JRA賞最多勝利調教師を受賞。JRA通算成績は8155戦864勝(うち障害454戦77勝、重賞51勝)、地方通算38戦5勝。 2007年2月いっぱいで調教師を定年退職した。 2017年11月9日、死去。 (引用元 Hatena Keyword)

「瀬戸口勉」と関連する人物(故人)