芸能人・経営者のおくやみ情報

伊達重村(だてしげむら)

陸奥仙台藩主[日本]

(寛政8年4月21日没)

1796年 5月27日 死去享年55歳

伊達重村 - ウィキペディアより引用

伊達 重村(だて しげむら)は、仙台藩の第7代藩主。
伊達氏宗家第23代当主。
生涯 襲封と宝暦疑獄 寛保2年(1742年)4月19日、第6代藩主・伊達宗村の二男として生まれる。
幼名は儀八郎。
生母は坂信之(正三郎)の娘・性善院。
延享2年(1745年)に長兄・久米之丞が早世したため世子となる。
その後国村(くにむら)と名乗るが、宝暦5年(1755年)に元服して将軍・徳川家重より偏諱を拝領し、重村と改名。
宝暦6年(1756年)7月、父の死にともない家督を相続し、第7代藩主となる。
重村はまだ15歳であったため、若年を理由に幕府より国目付が派遣され、叔父の一関藩主・田村村隆の後見を受けた。
ところが襲封早々、前年に発生した宝暦の大飢饉と、再び悪化の一途を辿り始めた藩財政への対応を巡って、五人の奉行職(奥山良風・津田定康・葦名盛寿・柴田成義・遠藤善信)の間で意見が対立、9月に柴田と遠藤が大條道頼と但木顕行の二人を新たに奉行職につけて人事を刷新するよう求めたのに対して、宗村政権の中核を担ってきた奥山・津田・葦名が反対したことで争いが表面化し、同月には柴田と遠藤の求めに応じた一門の亘理伊達村実・岩出山伊達村通・岩谷堂伊達村望・村富父子と白河村広の五人が、奥山・葦名を解任し大條・但木・中島成康の三人を新たに奉行職に起用するよう重村に進言した。