芸能人・経営者のおくやみ情報

美濃部達吉

法学者貴族議員[日本]

1948年 5月23日 死去享年歳

美濃部達吉 - ウィキペディアより引用

美濃部 達吉(みのべ たつきち、1873年(明治6年)5月7日 - 1948年(昭和23年)5月23日)は、日本の法学者、憲法学者、政治家、東京帝国大学名誉教授。
天皇機関説を主張し、大正デモクラシーにおける代表的理論家として知られる。
昭和時代には天皇機関説事件により、貴族院議員を辞職した。
戦後の1948年には勲一等旭日大綬章を受章。
妻の多美子は菊池大麓の長女である。
東京都知事を務めた美濃部亮吉は長男。
商工省および企画院官僚だった美濃部洋次は甥にあたる。
生涯 前半生 1873年(明治6年)5月7日、兵庫県加古郡高砂町(現・高砂市)の漢方医・美濃部秀芳(美濃部秀軒の子。
)の次男として生まれた。
長じて、第一高等中学校予科を経て、1894年(明治27年)、東京帝国大学法科大学政治学科(現・東京大学法学部)に進み、天皇機関説を主唱した一木喜徳郎に師事する。
1897年(明治30年)に大学を卒業し、高等文官試験行政科に合格して、内務省に勤務する。
1899年(明治32年)にドイツやフランス、イギリスに留学し、翌1900年(明治33年)に東京帝国大学助教授、1902年(明治35年)に同教授となり比較法制史の講座を担任する。

みのべたつきち [生]1873.5.7.兵庫[没]1948.5.23.東京公法学者。美濃部亮吉の父。1897年東京大学卒業。一時内務省に勤めたが,母校に迎えられ,ドイツに留学,G.イェリネックに師事した。イギリス,フランスを経て1902年帰国,ただちに母校法科教授に任官,法制史,行政法の講座を担当し,やがて憲法講座も兼ねた。32年に貴族院勅選議員。35年著書『憲法撮要』『憲法精義』などが第67帝国議会で問題にされ,「天皇機関説」が非難されたため,貴族院で釈明演説を行うが,不敬罪で告発されたうえ,憲法に関するその全著書は発禁となった。告発は起訴猶予となったものの同年勅選議員を辞職,翌年天皇機関説に憤激した暴漢に撃たれ重傷を負った(→天皇機関説テロ事件)。第2次世界大戦後の45年に幣原内閣の憲法問題調査委員会の顧問,46年枢密顧問官,47年2月公職適否審査委員会委員長,同12月全国選挙管理委員会委員長を歴任。主著『独逸行政法』(翻訳,1903),『憲法精義』(27),『憲法撮要』(32),『日本行政法』(40),『日本国憲法原論』(48)。 (引用元 コトバンク)