芸能人・経営者のおくやみ情報

竹久夢二(たけひさゆめじ)

画家詩人[日本]

1934年 9月1日 死去肺結核享年50歳

竹久夢二 - ウィキペディアより引用

竹久 夢二(たけひさ ゆめじ、1884年(明治17年)9月16日 - 1934年(昭和9年)9月1日)は、日本の画家・詩人。
本名は竹久 茂次郎(たけひさ もじろう)。
数多くの美人画を残しており、その抒情的な作品は「夢二式美人」と呼ばれ、大正ロマンを代表する画家で、「大正の浮世絵師」などと呼ばれたこともある。
また、児童雑誌や詩文の挿絵も描いた。
文筆の分野でも、詩、歌謡、童話など創作しており、なかでも、詩『宵待草』には曲が付けられて大衆歌として受け、全国的な愛唱曲となった。
また、多くの書籍の装幀、広告宣伝物、日用雑貨のほか、浴衣などのデザインも手がけており、日本の近代グラフィック・デザインの草分けのひとりともいえる。
彼自身の独特な美意識による「夢二式美人画」と呼ばれる作品の多くは、日本画の技法で描かれ(軸物や屏風仕立てで遺る)、また、洋画(キャンバスに油彩)技法による女性像や風景画ものこされている。
好んでさまざまな表現形式を試みたが、むしろ、それらは後世になってから評価されたもので、当時の時点においては、印刷された書籍の表紙や広告美術などが多くの目に触れ、大衆人気というかたちで脚光を浴びたのであった。

たけひさ・ゆめじ。画家・詩人。1884年(明治17年)−1934年(昭和9年)岡山県邑久郡本庄村(現:瀬戸内市)出身。。 数多くの美人画を描き、「夢二式美人」と呼ばれる独特の作風を確立した。挿絵も手がけており、その優雅な女性像は、当時の少女の憧れの的であった。大正浪漫を感じさせる雰囲気で今も人気が高く、全国各地に彼の作品を扱う美術館がある。 (引用元 Hatena Keyword)