訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

ジャラル・タラバニ 氏Jalāl Tālabānī

政治家、元大統領[イラク]
2017年 10月3日 死去享年85歳
ジャラル・タラバニ - ウィキペディアより引用
ジャラル・タラバニ(クルド語:ソラニー:جەلال تاڵەبانی / Celal Talebanî アラビア語:جلال طالباني, Jalāl Tālabānī)は、イラクのクルド人政党のクルド愛国同盟議長、2005年にイラク共和国大統領に就任。
日本のメディアでは「タラバニ」と表記されることがほとんどである。
なお、日本外務省のホームページでは、「ジャラール・タラバーニー」と表記されている。
活発な政治活動を続け、旧サッダーム・フセイン政権の弾圧にさらされながらクルド民族主義運動を率いてきた「英雄」の一人。
毛沢東選集をクルド語に訳したこともある。
1933年、イラク北部アルビール近郊の中流家庭に生まれる。
青年時代から政治活動を始め、バグダード大学法学部の学生時代、仲間と「クルド学生同盟」を結成。
クルド民族運動の本流であるクルド民主党(KDP)に加わり、1951年には中央委員に選ばれている。
イラク軍での軍役経験も持つ一方、1961年、クルド民主党現指導者であるマスウード・バルザーニーの父親で、クルド民主党創始者であるムッラー・ムスタファ・バルザーニーが指導した反政府蜂起(第一次クルド・イラク戦争、第二次クルド・イラク戦争)にも参加した。

↑ PAGE TOP