芸能人・経営者のおくやみ情報

ハワード・ヒューズ 氏Howard Robard Hughes, Jr.

実業家、映画製作者[アメリカ]

1976年 4月5日 死去享年72歳

ハワード・ヒューズ - ウィキペディアより引用

ハワード・ロバード・ヒューズ・ジュニア(Howard Robard Hughes, Jr., 1905年12月24日 - 1976年4月5日)は、アメリカの実業家・映画製作者・飛行家・発明家である。
彼は20世紀を代表する億万長者として知られ、「資本主義の権化」「地球上の富の半分を持つ男」と評された。
ヒューズはテキサスのヒューストン出身。
彼の父親はハワード・ロバード・ヒューズ・シニア(Howard Robard Hughes, Sr. ビッグ・ハワード、最終学歴はハーバード大学法学部中退)で、母親は名家出身のエイリーン・ガノ・ヒューズ(Allene Gano Hughes)。
父親は弁護士資格を持っていたものの、地道に働くのが性に合わず一攫千金を夢見て鉱物の掘削に取り組む。
ハワードが3歳のとき、父親はドリルビットの特許と共にシャープ・ヒューズ・ツール社を設立(後のヒューズ・ツール社)した。
同社が製造したビットは、それまでのものとは桁違いの掘削能力を発揮し、それらの需要はヒューズ家に大金をもたらした。

Howard Hughes(1905年12月24日〜1976年4月5日) 映画プロデューサー、映画監督、会社経営者、飛行家、航空機製造者、そしてなによりも大富豪。 (引用元 Hatena Keyword)