訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

フリードリヒ・フレーベルFriedrich Wilhelm August Fröbel

教育学者[ドイツ]

1852年 6月21日 死去享年71歳

フリードリヒ・フレーベル - ウィキペディアより引用
フリードリヒ・ヴィルヘルム・アウグスト・フレーベル(Friedrich Wilhelm August Fröbel, 1782年4月21日 - 1852年6月21日)は、ドイツの教育学者。
就学前教育|幼児教育の祖。
ヨハン・ハインリヒ・ペスタロッチに啓発され、彼の初等教育のやり方をより小さい子供たちの教育に当てはめて、幼児の心の中にある神性をどのようにして伸長していけるか、ということに腐心。
小学校就学前の子供たちのための教育に一生を捧げた。
生涯と思想 フレーベルは、テューリンゲン州・ザールフェルト=ルドルシュタット郡のオーベルヴァイスバッハという村の敬虔派の牧師の息子として生まれた。
5人の兄姉のいる末子である。
しかし生後9ヵ月で母を亡くし、孤独な幼少年期を過ごす。
4歳で継母を持つことになったが、新しい母の実子が生まれるにいたり、疎まれるようになる。
自然と宗教的な情操教育が、唯一彼の糧となる。
10歳の時、実母の兄ホフマンが、彼の家を訪問し、実情を察知し、フレーベルをその年の暮れ、自らの元に引き取ってくれ、以後4年の間、そこで暮らす。

「フリードリヒ・フレーベル」と関連する人物(故人)