芸能人・経営者のおくやみ情報

羽田孜 氏(はたつとむ)

政治家、元内閣総理大臣[日本]

2017年 8月28日 死去老衰享年83歳

羽田孜 - ウィキペディアより引用

羽田 孜(はた つとむ、1935年8月24日 - )は、日本の元政治家。
民主党顧問。
衆議院議員(14期)、内閣総理大臣(第80代)、農林水産大臣(第9代、第12代)、大蔵大臣(第88代)、外務大臣(第120代)、新生党党首、太陽党党首、民政党代表、民主党幹事長、同党特別代表、同党最高顧問などを歴任。
来歴・人物 生い立ち 東京府東京市蒲田区(現東京都大田区蒲田)にて羽田武嗣郎・とし子夫妻の長男として生まれる。
父武嗣郎は朝日新聞記者を経て衆議院議員となった人物であり、母とし子は志賀高原を命名した長野電鉄の創設者神津藤平の娘である。
名付け親は、武嗣郎の東北帝国大学時代の恩師に当たる阿部次郎で、「孜孜(しし)として働く」から取られた。
1942年(昭和17年)に第二延山小学校に入学するが、戦争が激しくなったため、1944年(昭和19年)3月に父の郷里である長野県に疎開する。
1946年(昭和21年)に、父武嗣郎が公職追放となる。
1951年(昭和26年)に、上田第二中学校に入学する。
この頃から議論好き、世話好きの片鱗を見せ始める。

はたつとむ [生]1935.8.24.東京,大田[没]2017.8.28.東京,世田谷政治家。内閣総理大臣(首相。在任1994.4.~6.)。1958年成城大学経済学部を卒業し,小田急バスに入社。10年勤めたあと,父武嗣郎の後継者として1969年衆議院議員総選挙に出馬し初当選。自由民主党では木曜クラブ(田中派),竹下登率いる創政会および経世会に属し,農林大臣政務次官,党農林部会長,農林水産大臣,大蔵大臣などを歴任。おもに農政畑で活躍するが,党選挙制度調査会長として政治改革にも熱心に取り組み,1992年10月小沢一郎らとともに政策グループ「改革フォーラム21」を旗揚げした。同年12月グループが経世会から離脱するとみずから会長に就任。翌1993年6月には政治改革,政権交代を目指して集団離党し,新生党を結成,党首となる。衆議院議員総選挙後の細川連立内閣では副首相兼外務大臣を務めた。1994年4月第80代,51人目の首相に就任するが,直後に日本社会党の連立政権離脱で少数与党となり,6月前政権からの積み残し課題である予算成立後,自民党から提出された内閣不信任案を受けて総辞職。在任期間64日と史上2番目の短命内閣となった。1994年12月新進党設立に伴って副委員長に就任。1996年12月新進党を離脱して太陽党を結成,党首に就任。1998年1月新進党からの分裂勢力とともに民政党をつくり,代表に就任。同年4月民主党に合流した。2012年政界引退。 (引用元 コトバンク)