訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

榊原政岑(さかきばらまさみね)

播磨姫路藩主、榊原家第8代当主[日本]

(寛保3年2月19日没)

1743年 3月25日 死去享年31歳

榊原政岑 - ウィキペディアより引用

榊原 政岑(さかきばら まさみね)は、江戸時代中期の旗本、大名。
播磨姫路藩の第3代藩主。
榊原家宗家の8代当主。
生涯 家督相続 正徳3年(1713年)、旗本1000石の榊原勝治の次男として生まれる。
はじめ父の遺命により、榊原氏ゆかりの大須賀姓を称して大須賀高胤と名乗った。
しかし家督を継いでいた兄・勝久の死去を受け、享保16年(1731年)12月27日に兄の養子として家督を継ぎ、榊原勝岑と称した。
享保17年(1732年)8月23日、今度は本家の姫路藩主・榊原政祐の末期養子となって、8月29日の政祐の死去により、10月13日に宗家を継承することとなった。
遊女遊び 政岑は将軍・徳川吉宗が出した倹約令を無視して贅を尽くし、奇抜な服装で江戸城大手門を警備し、吉原で派手に遊興にふけった。
寛保元年(1741年)春には新吉原の三浦屋の名妓・高尾太夫を1800両(2500両とも)で身請けするなど、奢侈を好んだ。
さらに高尾のために豪勢な酒宴を開き、その費用は3000両を超えたといわれている。

↑ PAGE TOP