訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

近藤勇(こんどういさみ)

新撰組組長、幕臣、慶応4年4月25日没[日本]

1868年 5月17日 死去斬首享年35歳

近藤勇 - ウィキペディアより引用
近藤 勇(こんどう いさみ)は、江戸時代末期の武士。
新選組局長を務め後に幕臣に取り立てられた。
勇は通称、諱は昌宜(まさよし)。
慶応4年(1868年)からは大久保剛、のちに大久保大和。
家紋は丸に三つ引。
生涯 出生から試衛場入門 武蔵国多摩郡上石原村(現在の東京都調布市野水)に百姓・宮川久次郎と母みよ(ゑい)の三男として生まれる。
幼名は勝五郎、後に勝太と改める。
久次郎には勝五郎の他に、長女・リエ(天保3年(1832年)に死去)、長男・音五郎(音次郎)、次男・粂蔵(くめぞう、粂次郎、惣兵衛)がいる。
ほか、祖父の源次郎がいる。
天保9年の上石原村の宗門人別改帳に拠れば、宮川家は多摩郡大沢村(三鷹市)の龍源寺の檀家で、高七石一升二合の6人家族。
石高から中流クラスの上層の家庭環境であったと判断される 。
嘉永元年(1849年)11月11日、勝五郎は江戸牛込(東京都新宿区)に所在する天然理心流剣術道場・試衛場に入門する。
勝五郎が入門した道場は「試衛館」として知られるが、多摩郡蓮光寺村(多摩市)の名主・富沢政恕日記および小島鹿之助『両雄士伝』に拠れば「試衛」は号で、「試衛場」と記されている。