訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

黒田正玄 氏(くろだしょうげん)

千家十職竹細工師第13代[日本]

2017年 7月24日 死去享年82歳

黒田 正玄(くろだ せいげん)は千家十職の一つで、竹細工・柄杓師を務める家が代々襲名している名称。
柄杓の他、台子、香合、花入など竹を使う茶道具を製作し、千家に納めてきた家系。

当代は13代。

初代正玄は、元々武士で丹羽長重に仕えていた。
しかし関ヶ原の戦いで丹羽氏は西軍に付き改易、浪人となったために剃髪して大津市 大津に移り住み、竹細工職人となった。
評判の竹細工師となった正玄は小堀遠州からの注文を受け、茶道界・江戸幕府とのつながりを作る。

以後明治維新に致るまで、歴代三千家・将軍の御用達柄杓師となる。

10代正玄は9代正玄の早世により急遽婿養子となった人物だが、家督相続が明治維新と重なり、庇護者である幕府が崩壊、茶道も衰退する中、家業の保持に苦心した。
その後を嗣いだ11代正玄も早世、12代正玄は周囲の援助を得ながら、戦中・戦後の困難な時期に家業を支えた。

↑ PAGE TOP