芸能人・経営者のおくやみ情報

平尾昌晃 氏(ひらおまさあき)

歌手作曲家[日本]

2017年 7月21日 死去肺炎享年81歳

平尾 昌晃(ひらお まさあき、1937年12月24日 - )は、日本の作曲家、歌手。
社団法人日本作曲家協会・常務理事、社団法人日本音楽著作権協会(JASRAC)理事。
出生名は平尾勇。
幼少時にたびたび改名し、デビュー初期の芸名である「昌章」を経て、現在は芸名の通り平尾昌晃を本名としている。
東京都新宿区生まれであるが、敗戦後、神奈川県湘南に移住し、湘南学園で小中学時代を送る。
来歴・人物 化粧品業を営む平尾聚泉の孫。
クラシックの作曲家・国立音楽大学教授の平尾貴四男は伯父。
茅ヶ崎市に住み、ジャズ教室に通い、朝丘雪路、水谷良重、ペギー葉山らと知り合う。
慶應義塾高等学校中退後、ウエスタンの人気バンド『チャック・ワゴン・ボーイズ』に入る。
しばらくして、『チャック・ワゴン・ボーイズ』はボーカルの小坂一也が脱退したため、『オールスターズ・ワゴン』となる。
1957年、ジャズ喫茶「テネシー」に出演していた際、ステージを見た渡辺プロの渡辺美佐と映画監督井上梅次に見初められ、同年に公開された石原裕次郎主演の『嵐を呼ぶ男』に出演。

ひらお-まさあき 1937-昭和後期-平成時代の歌手,作曲家。昭和12年12月24日生まれ。慶応高を中退,ロカビリー歌手としてデビュー。のち歌謡曲の「星はなんでも知っている」「ミヨちゃん」がヒット。闘病生活をへて作曲家に転身し,「瀬戸の花嫁」「よこはま・たそがれ」などのヒット曲を生む。テレビ番組「必殺」シリーズなどの音楽も手がける。神奈川県出身。本名は勇。 (引用元 コトバンク)