訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

ヘルムート・コール 氏Helmut Josef Michael Kohl

政治家、元首相[ドイツ]

2017年 6月16日 死去享年88歳

ヘルムート・コール - ウィキペディアより引用
ヘルムート・ヨーゼフ・ミヒャエル・コール(Helmut Josef Michael Kohl、1930年4月3日 - )は、ドイツ(旧西ドイツ)の政治家。
戦後最長記録の16年にわたって連邦首相を務めた(在任1982年 - 1998年)。
冷戦終結の波に乗り、1990年に東西に分裂していたドイツの再統一を成し遂げ、時の人となった。
CDU党首への道 1930年4月3日、ドイツのバイエルン州ルートヴィヒスハーフェン・アム・ライン(現在はラインラント=プファルツ州)に、バイエルンの財務官吏の3番目の子としてカトリック教徒の家庭に生まれた。
兄の一人は第二次世界大戦で戦死するが、コール自身は戦争末期にドイツ空軍の補助員として徴集されたものの戦闘には参加しなかった。
早くもギムナジウム在校中の1946年にキリスト教民主同盟 (CDU)に入党した。
その後1950年から、フランクフルト大学およびハイデルベルク大学で法学・歴史学・政治学を学び、1956年から同大学で助手を務めて1958年に「プファルツにおける政治変遷と政党の再建」という論文で博士号を取得する。