訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

大田昌秀 氏(おおたまさひで)

政治家、元沖縄県知事[日本]

2017年 6月12日 死去享年93歳

大田昌秀 - ウィキペディアより引用
大田 昌秀(おおた まさひで、1925年6月12日 - )は、日本、沖縄の政治家、社会学者。
元沖縄県知事、元社会民主党参議院議員。
琉球大学名誉教授。
特定非営利活動法人沖縄国際平和研究所理事長。
沖縄県島尻郡具志川村(現・久米島町)出身。
母校の小学校の用務員などを経て、東京の工学院へ特待生で進学する予定であったが、親戚の伝手で 沖縄師範学校に進学、在学中の1945年年3月に鉄血勤皇隊に動員され、情報宣伝隊の「千早隊」に配属された。
沖縄戦の中、九死に一生を得るが多くの学友を失う。
敗戦後、米軍捕虜となり、軍施設で働きながら、日本とアメリカの留学試験に合格し、早大へ進学。
在学中に英語部(WESA)を創立する。
在学中に渡米し、シラキュース大に留学、帰国後、琉球大学学長秘書となり、琉大タイムスを発刊する。
琉球大学教授時代はメディア社会学を専攻し、新聞研究・報道研究等に従事。
また、沖縄戦の歴史的研究にも取り組み、『総史沖縄戦』(1982年、岩波書店)をはじめとする著作を刊行した。

「大田昌秀」と関連する人物(故人)