芸能人・経営者のおくやみ情報

田原桂一 氏(たはらけいいち)

写真家[日本]

2017年 6月6日 死去肺がん享年67歳

田原桂一(たはら けいいち、1951年8月20日 - )は、日本の写真家。
来歴・人物 京都府生まれ。
写真家である祖父の影響から、中学時代に写真の技術を習得。
高校卒業後、劇団のレッド・ブッダ・シアターに参加し、照明と映像を担当。
1972年に劇団のヨーロッパ公演に同行し渡仏。
そこで出会った日本の柔らかい光とは違う、ヨーロッパの刺すような鋭い光に衝撃を受け、パリにとどまり写真家として活動を始める。
最初のシリーズ『都市』(1973年 - 1976年)では、パリの街をモノクロームで写し、日本とは違うパリ独特の光をとらえる。
次のシリーズ『窓』(1973年 - 1980年)で、アルル国際写真フェスティバル新人大賞を受賞し、国際的に脚光を浴びる。
1978年、世界の巨星の肖像写真を撮影したシリーズ『顔貌』を発表。
他に、『エクラ』(1979年 - 1983年)、『ポラロイド』(1984年)などがある。
田原の作品は写真だけにとどまらず、“光そのものの存在を見たい、光を自分の手でつかみとりたい”という欲求から、光そのものを使った作品、光の彫刻、光のインスタレーションなど、様々な表現方法で光をとらえようとしている。

たはら-けいいち 1951-昭和後期-平成時代の写真家。昭和26年8月20日生まれ。昭和48年パリでの個展「都市」でデビュー。52年「窓」シリーズでアルル国際写真フェスティバル大賞。60年木村伊兵衛賞,東川賞。「光の写真家」といわれ,写真表現の幅をひろげたモノクローム作品で国際的に活躍する。京都出身。写真集に「ファン・ド・シエクル」「TAHARAKEIICHI1973-1983」「田原桂一光の彫刻」など。 (引用元 コトバンク)

「田原桂一」と関連する人物(故人)