訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

ハンス・ベーテ 氏Hans Albrecht Bethe

物理学者[ドイツ→アメリカ]

2005年 3月6日 死去享年100歳

ハンス・ベーテ - ウィキペディアより引用
ハンス・アルプレヒト・ベーテ(Hans Albrecht Bethe, 1906年7月2日 - 2005年3月6日)は、アメリカの物理学者。
シュトラスブルク(当時ドイツ領、現フランス・ストラスブール)出身のドイツ系ユダヤ人移民。
1967年、「原子核反応理論への貢献、特に星の内部におけるエネルギー生成に関する発見」によってノーベル物理学賞を受賞した。
フランクフルト・アム・マインで物理学を学び、ミュンヘン大学で博士号を得る。
ケンブリッジ大学などでのポスドクの後、テュービンゲン大学の教職員となった。
ユダヤ系のため、ナチスが政権を握った1933年にドイツからイギリスに逃れ、マンチェスター大学の講師を務め(1933年-34年)、1935年にはアメリカのコーネル大学の教授となる。
第二次世界大戦の間、彼はロバート・オッペンハイマーに招かれカリフォルニア大学バークレー校での特別夏季会議に参加した。
それは原子爆弾の最初の概略を説明したものであった。
オッペンハイマーがロスアラモスで秘密兵器研究所を開設したとき、ベーテは理論部門の監督に任命された。
題名
固体電子論 (1976年)
著者
ハンスベーテ
発売元
東海大学出版会
発売日
1976
新品価格
より
中古商品
¥ 15,000 より

↑ PAGE TOP