訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

佐藤功一(さとうこういち)

建築家[日本]

1941年 6月22日 死去享年64歳

佐藤功一 - ウィキペディアより引用
佐藤 功一(さとう こういち、1878年7月2日 - 1941年6月22日)は、日本の建築家。
早稲田大学に建築科を創設したことで知られる。
作品としては関東大震災以降のものが多く、日比谷公会堂の設計、大学関連では早稲田大学のシンボルである大隈講堂や、武蔵大学、津田塾大学に作品を残している。
また日本女子大学などで教え、女性に対する建築教育の草分けでもあった。
1878年(明治11年)栃木県に出生(はじめは大越姓、のちに佐藤家の養子になる) 1896年(明治29年)二高卒業 1903年(明治36年)東京帝国大学工科大学卒業、三重県技師 1908年(明治41年)宮内省内匠寮御用掛 1909年(明治42年)早稲田大学から派遣され、欧米を視察(翌年まで) 1910年(明治43年)早稲田大学に建築科開設、講師(翌年、教授) 1917年(大正6年)柳田國男と共に古民家保存を目的とする「白茅会」を発足。

「佐藤功一」と関連する人物(故人)