芸能人・経営者のおくやみ情報

運慶(うんけい)

仏師[日本]

(貞応2年12月11日没)

(ユリウス暦) 1224年 1月3日 死去享年歳

運慶 - ウィキペディアより引用
運慶(うんけい、生年不詳 - 貞応2年12月11日(1224年1月3日))は、平安時代末期、鎌倉時代初期に活動した仏師。
出生 運慶は、奈良市・興福寺を拠点に活動していた奈良仏師康慶の子である。
円成寺大日如来像造像銘中に「大仏師康慶実弟子運慶」とあり、この「実弟子」は「実子である弟子」の意と解釈されている。
長男湛慶が承安3年(1173年)生まれであることが、京都市・妙法院蓮華王院本堂(三十三間堂)本尊の台座銘から知られ、運慶は12世紀半ば頃の生まれと推測される。
初期の活動 運慶の現存最古作は、安元2年(1176年)に完成した奈良・円成寺の大日如来(en:Dainichi Nyorai (Enjō-ji))像である。
寿永2年(1183年)には、以前から計画していた法華経の書写を完成した。
この法華経は現在「運慶願経」と呼ばれている(京都・真正極楽寺蔵および個人蔵、国宝)。
経の奥書には48名もの結縁者の名が記され、その中には快慶をはじめ、実慶・宗慶・源慶・静慶など後に仏師として活躍することの知られる者が含んでおり、一門をあげての写経だったことがわかる。

「運慶」と関連する人物(故人)