芸能人・経営者のおくやみ情報

イサドラ・ダンカンIsadora Duncan

ダンサー[アメリカ]

1927年 9月14日 死去享年51歳

イサドラ・ダンカン - ウィキペディアより引用
イザドラ・ダンカン(Isadora Duncan, 1878年5月27日 - 1927年9月14日)は、20世紀を代表するアメリカのダンサー。
モダンダンスの祖でもあった。
生涯 サンフランシスコで生まれる。
イザドラの両親はアイルランド人で、音楽教師であった母親から音楽の基礎教育を受けた。
早くから古典舞踊を学んだが、その慣習的な動きに満足できず、自分自身の創作する自由な舞踊を考えた。
アメリカでダンスの仕事を少しした後、ヨーロッパに渡った。
フランソワ・デルサルトに強く影響を受け、また古代ギリシャの壷やパルテノンの壁画などから感化を受けており、当時のギリシャ・リバイバルの波に乗り新しいダンスを生み出した。
衣装もギリシャ風のチュニックを用い、靴を用いず裸足で踊った。
ドイツのベルリンとフランスのパリ、そしてロシア革命後のモスクワにダンス学校を創立、20世紀のダンス、舞踊だけでなく身体表現の形そのものを変革したといわれる。
「裸足のイサドラ」のあだ名で呼ばれた。
しかし1927年9月14日、フランスのニース近郊で首にまいたスカーフが自動車の車輪に巻き込まれ、イザドラは転倒して惨死した(49歳没)。

「イサドラ・ダンカン」と関連する人物(故人)