芸能人・経営者のおくやみ情報

ペギー葉山 氏(ぺぎーはやま)

歌手タレント[日本]

2017年 4月12日 死去肺炎享年85歳

ペギー葉山 - 歌手、タレント

ペギー葉山(ペギーはやま、本名:森 繁子(もり しげこ)、旧姓:小鷹狩(こたかり)、1933年12月9日 - )は、日本の女性歌手、タレント。
社団法人日本歌手協会7代目会長(後に名誉会長)。
東京都新宿区出身。
青山学院女子高等部(現:青山学院高等部)卒業。
1952年にキングレコードよりレコードデビュー。
東京・四谷生まれ。
幼少時から歌が好きだったことから、青山学院中学部(現青山学院中等部)在学中に内田るり子に師事し声楽を習い、音大進学を志す。
しかし次第にFEN放送(現・AFN)から流れるアメリカのポピュラー音楽へ関心を深めていき、青山学院女子高等部(現青山学院高等部)2年の時に映画『我が道を往く』を観た際、劇中で主演のビング・クロスビーが歌う「アイルランドの子守唄」に感動、クラシックからポピュラー・ジャズへの転向を決意。

日本の女性歌手。1933年、東京・四谷生まれ。青山学院高等部を卒業し、52年「ドミノ/火の接吻(Kissoffire)」でデビュー。54年には「第5回NHK紅白歌合戦」で紅白初登場を果たす。58年、ミュージカル「あなたの為に歌うジョニー」で芸術祭個人奨励賞を受賞。59年「南国土佐を後にして」が大ヒット。60年「ドレミの歌」を自身の訳詞で発表し、同歌の日本語スタンダードとなった。64年「学生時代」がロングセラーとなる。80年、アルバム「万葉の心を求めて」で日本レコード大賞企画賞を受賞。91年には日本レコード大賞功労賞を受賞した。93年、歌手生活40周年を迎え芸術選奨文部大臣賞を受賞。95年には紫綬褒章を、2004年に旭日小綬章を受勲。07年には社団法人日本歌手協会会長に就任した。2014年6月までのレコーディング数は約2000曲、レコード発売枚数は約200枚にのぼる。 (2014-7-3) ペギー葉山 日本の歌手、タレント。1933年、東京都生まれ。夫は俳優の根上淳(1923-2005年)。1952年に「ドミノ/火の接吻」でデビューし、59年、NHK高知放送局の開局記念番組で歌った「南国土佐を後にして」が大ヒットを記録した。60年には米ミュージカルの名作「サウンド・オブ・ミュージック」の劇中歌に自ら日本語詞をつけた「ドレミの歌」を発表して広く人気を集めた。その他にも「学生時代」「ラ・ノビア」などヒット曲を多数発表し、NHK紅白歌合戦に計14回出場、66年には紅組司会者も務めた。また、タレントとして「ひらけ!ポンキッキ」(フジテレビ系)などの子ども向け番組にも出演して親しまれた。2004年に旭日小綬章を受章。07年から10年まで日本歌手協会で女性初の会長を務め、14 …… (引用元 コトバンク)