芸能人・経営者のおくやみ情報

松尾芭蕉(まつおばしょう)

俳諧師[日本]

(元禄7年10月12日没)

1694年 11月28日 死去享年51歳

松尾芭蕉 - ウィキペディアより引用

松尾 芭蕉(まつお ばしょう、寛永21年(1644年) - 元禄7年10月12日(1694年11月28日))は、江戸時代前期の俳諧師。
現在の三重県伊賀市出身。
幼名は金作。
通称は甚七郎、甚四郎。
名は忠右衛門宗房。
俳号としては初め実名宗房を、次いで桃青、芭蕉(はせを)と改めた。
北村季吟門下。
俳諧(連句)の芸術的完成者であり蕉風と呼ばれる芸術性の極めて高い句風を確立し、後世では俳聖として世界的にも知られる、日本史上最高の俳諧師の一人である。
芭蕉自身は発句(俳句)より俳諧(連句)を好んだ。
芭蕉が弟子の河合曾良を伴い、元禄2年3月27日(1689年5月16日)に江戸を立ち東北、北陸を巡り岐阜の大垣まで旅した紀行文『おくのほそ道』という書物が有名。
生涯 伊賀国の宗房 伊賀国(現在の三重県伊賀市)で生まれたが、その詳しい月日は伝わっていない。
出生地には、赤坂(現在の伊賀市上野赤坂町)説 と柘植(現在の伊賀市柘植)説の2説がある。
これは芭蕉の出生前後に松尾家が柘植から赤坂へ引っ越しをしていて、引っ越しと芭蕉誕生とどちらが先だったかが不明だからである。

江戸時代を代表する俳人。本名・宗房、別号を桃青という。 1644年(正保元年)伊賀(現在の三重県)上野に生まれる。1694年(元禄7年)大坂にて没。 「野ざらし紀行」、「鹿島紀行」、「笈の小文」、「更科紀行」、「奥の細道」などの俳諧紀行を残す。 【芭蕉名句撰】 山路来て何やらゆかしすみれ草(野ざらし紀行) 古池や蛙飛こむ水のをと(春の日) 草臥て宿かる比や藤の花(笈の小文) 草の戸も住替る代ぞひなの家(奥の細道) 夏草や兵どもが夢の跡(奥の細道) 五月雨の降のこしてや光堂(奥の細道) 閑さや岩にしみ入蝉の声(奥の細道) 五月雨をあつめて早し最上川(奥の細道) 荒海や佐渡によこたふ天河(奥の細道) 蛤のふたみにわかれ行秋ぞ(奥の細道) 秋深き隣は何をする人ぞ(笈日記) 旅に病で夢は枯野をかけ廻る(笈日記) (引用元 Hatena Keyword)