芸能人・経営者のおくやみ情報

石黒宗麿 氏(いしぐろむねまろ)

陶芸家[日本]

1968年 6月3日 死去老衰享年76歳

石黒 宗麿(いしぐろ むねまろ、1893年4月14日 - 1968年6月3日)は、富山県射水市(旧新湊市 )久々湊(くぐみなと)出身の陶芸家。
贈従四位。
作品の多くは射水市新湊博物館 に収蔵されている。
1893年(明治26年)射水郡二塚村上伏間江、中越汽船社長・筏井甚造の四女めなの子として出生。
1893年(明治26年)名門の富山中学で不穏行動(ストライキを首謀し、止めにきた教師を殴る)で後、退学。
1918年(大正7年)中国宋の時代の陶器である曜変天目に惹かれ陶芸家を志した。
1936年(昭和11年)に京都市左京区八瀬で窯を開き、多くの作品を残した。
ここが終の住み家となった。
長い年月をかけ、苦労の末に代表作木の葉天目を完成させる。
1955年(昭和30年)2月15日、初の人間国宝(重要無形文化財「鉄釉陶器」保持者)の一人に認定、新湊市名誉市民に推挙。
1963年(昭和38年)紫綬褒章受章。
1968年(昭和43年)勲三等瑞宝章受章。
6月3日、老衰のため死去。
参考文献 小野公久『評伝 石黒宗麿 異端に徹す』(淡交社 2014年) 脚注 ==。