芸能人・経営者のおくやみ情報

徳川夢声 氏(とくがわむせい)

弁士、漫談家、俳優[日本]

1971年 8月1日 死去享年78歳

徳川夢声 - ウィキペディアより引用
徳川 夢声(とくがわ むせい、1894年4月13日 - 1971年8月1日)は、日本の弁士、漫談家、作家、俳優。
ラジオ・テレビ番組などをはじめ、多方面で活動した日本の元祖マルチタレントとも言える人物である。
本名は福原駿雄(ふくはら としお)。
「彼氏」「恐妻家」の造語でも知られる。
日本放送芸能家協会(現・日本俳優連合)初代理事長。
いわゆる「3つの袋」と言われる、結婚式のスピーチで定番の起源を作った人ではないかと言われているが、その真相は不明である。
島根県益田市に生まれ、東京に育つ。
口演童話家として活躍し、児童文学の普及に貢献した天野雉彦は叔父。
3歳の頃、母に捨てられ、同居していた祖母に育てられる。
幼少の頃から話術が達者で当時演じられていた落語をほとんど覚えていたという。
学生時代に、近所に住む人妻と恋愛関係になるが、彼女は後に新劇界の伝説の女優「伊沢蘭奢」になった。
東京府(現:東京都)立第一中学校(現在の都立日比谷高校)を卒業したが、一高(現在の東京大学教養学部)の入学試験に二度失敗。