芸能人・経営者のおくやみ情報

井上日召 氏(いのうえにっしょう)

右翼活動家[日本]

1967年 3月4日 死去脳軟化症享年82歳

井上日召 - ウィキペディアより引用

井上 日召(いのうえ にっしょう、1886年4月12日 - 1967年3月4日)は、日本の宗教家、政治運動家、テロリスト。
日蓮宗僧侶としていわゆる近代日蓮主義運動の思想的系譜に連なり、戦前の右翼テロリスト集団「血盟団」、戦後の右翼団体「護国団」の指導者を務めた。
本名は井上昭。
昭の字を分けて日召とす。
出身地 群馬県利根郡川場村 医師の家の三男として生まれる。
次兄は海軍中佐の井上二三雄。
旧制前橋中学校利根分校を修了した後、同本校を卒業。
早稲田大学・東洋協会専門学校(現:拓殖大学)をそれぞれ中退。
1909年 南満州鉄道入社。
諜報活動等を行う。
1919年 兄二三雄が航空機事故で殉職。
1920年 帰国する。
1925年 護国聖社に入る 1928年 田中光顕の援助で茨城県大洗町の日蓮宗寺院・立正護国堂の住職になる。
その後、海軍の過激派藤井斉中尉や五・一五事件の首謀者の一人愛郷塾塾長橘孝三郎らと知り合い、暴力的改造以外に道はないと説得され同調、テロ活動を計画。

井上日召(1886-1967) 群馬県利根郡に生まれる。 日蓮宗の僧侶、右翼活動家。 1932年に血盟団を組織し、連続テロ事件(血盟団事件)を起こす。 無期懲役を宣告されるが、1940年に特赦で出獄。 戦後も右翼として活動。 (引用元 Hatena Keyword)

「井上日召」と関連する人物(故人)