芸能人・経営者のおくやみ情報

石丸進一

プロ野球選手[日本]

1945年 5月11日 死去特攻攻撃で戦死享年23歳

石丸進一 - ウィキペディアより引用
石丸 進一(いしまる しんいち、1922年7月24日 - 1945年5月11日)は、プロ野球選手(投手・内野手)、大日本帝国海軍軍人。
神風特別攻撃隊隊員として戦死した唯一のプロ野球選手である。
兄は、同じくプロ野球選手として活躍した石丸藤吉。
来歴・人物 プロ入り前 1922年7月24日、佐賀県佐賀市水ヶ江町で、理髪業を営んでいた石丸金三の五男として生まれる。
父は自身が苦労人だったため、「子供にはまともな教育を受けてほしい」と一心に思い、教育資金調達のために方々で借金を重ね、挙句の果てにその借金を一気に返そうとして株に手を出して大失敗し、借金を膨大させてしまう。
この借金は石丸が学徒出陣する直前に完済している。
藤吉の影響で野球を始め、その後、兄が通っていた佐賀商業学校に入学し、2年生から速球派エースとなり、「石丸のワンマンチーム」と言われるほどの活躍を見せる。
だが、1939年に甲子園出場がかかった予選である佐賀大会決勝戦では、試合が始まる寸前に疲労を予防する目的で飲んだ梅酒に酔っ払ってしまい、力を発揮出来ずして唐津中学に敗退し、1940年でも佐賀大会決勝戦で唐津中学に敗れ、在学中は甲子園出場が叶わなかった。

「石丸進一」と関連する人物(故人)