芸能人・経営者のおくやみ情報

坪井忠二 氏(つぼいちゅうじ)

地球物理学者[日本]

1982年 11月19日 死去享年81歳

坪井忠二 - ウィキペディアより引用

坪井 忠二(つぼい ちゅうじ、1902年(明治35年)9月9日 - 1982年(昭和57年)11月19日)は日本の男性地球物理学者、随筆家。
東京大学名誉教授。
理学博士で、寺田寅彦の弟子として知られている。
坪井正五郎・直子の次男として東京都に生まれた。
父・正五郎はコロボックル日本原住民説を唱えた人類学者で、母・直子は箕作秋坪の長女。
従って忠二は坪井信道と箕作阮甫の曾孫であり、地質学者・鉱物学者・岩石学者の坪井誠太郎は忠二の兄にあたる。
また、蘭方医・坪井信良(信道の娘婿で正五郎の父)は忠二の祖父。
1915年に東京高等師範学校附属小学校(現・筑波大学附属小学校)、1920年に東京高等師範学校附属中学校(現・筑波大学附属中学校・高等学校)を卒業。
附属中学の同級生には、下村三郎(元最高裁判所判事)、市原豊太(元獨協大学学長)、菊池正士(ドイツ文学者)、中島健蔵(フランス文学者)などがいた。
旧制第一高等学校を経て東京帝国大学理学部物理学科に入学、寺田寅彦に師事する。
1926年(大正15年)に卒業して東京大学地震研究所の助手となった。

「坪井忠二」と関連する人物(故人)