訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

マシュー・ペリーMatthew Calbraith Perry

海軍軍人、ペリー艦隊を率いて日本に来航[アメリカ]

1858年 3月4日 死去享年65歳

マシュー・ペリー - ウィキペディアより引用
マシュー・カルブレイス・ペリー(Matthew Calbraith Perry, 1794年4月10日 – 1858年3月4日)は、アメリカ海軍の軍人。
エリー湖の戦いにおけるアメリカ海軍の英雄であるオリバー・ハザード・ペリーの弟。
江戸時代に艦隊を率いて鎖国をしていた日本へ来航し、開国への交渉を要求したことで知られる。
来航当時の文書には「ペルリ(漢字では彼理)」と表記されていた。
日本来航まで ロードアイランド州ニューポートでアメリカ海軍私掠船長のクリストファー・レイモンド・ペリーと妻セーラの間に三男として生まれる。
兄はクリストファー・レイモンド・ペリー、オリバー・ハザード・ペリー。
1809年に自身も海軍に入り、1812年からの米英戦争に2人の兄とともに参加する。
1833年にブルックリン海軍工廠の造船所長となり、1837年にアメリカ海軍2隻目の蒸気フリゲートフルトン号を建造し、同年海軍大佐に昇進した。
1840年6月には同海軍工廠の司令官となり、代将の地位を得る。
1846年に米墨戦争が勃発すると、後年日本に来航するミシシッピ号の艦長兼本国艦隊副司令として参加、メキシコ湾のベラクルスへの上陸作戦を指揮、後には本国艦隊の司令官に昇進した。

↑ PAGE TOP