芸能人・経営者のおくやみ情報

杉森孝次郎 氏(すぎもりこうじろう)

政治学者、社会学者[日本]

1968年 12月8日 死去享年88歳

杉森 孝次郎(すぎもり こうじろう、1881年(明治14年)4月9日 - 1968年(昭和43年)12月8日)は日本の評論家・政治学者・社会学者。
旧姓は白松(しろまつ)、号は南山。
静岡県小笠郡南山村生れ。
1906年(明治39年)、早稲田大学卒業。
田中王堂に影響を受ける。
『早稲田文学』記者の後、早稲田大学文学科の講師となる。
1913年(大正2年) - 1919年、文部省特別留学生としてドイツ・イギリスに渡り、イギリス倫理思想を学ぶ。
帰国後、早稲田大学文学部及び政経学部の教授を務めた。
在職中は深く学生を愛し、学生が後から歩いてくると、「後進に道を譲る」といって先にいかせたというエピソードがある。
戦後、駒澤大学教授を務めた。
「憲法草案要綱」を作成した民間グループ、憲法研究会の7人のメンバーのうちの一人。
英語が堪能だったので、憲法草案要綱をGHQに持参することになった。
GHQに持参する際は英訳もつけたが、その英訳を中心に読まれたかどうかは不明である。
象徴天皇制を考案した、とも言われる。

(1881年(明治14年)4月9日 - 1968年(昭和43年)12月8日) 日本の評論家・政治学者・社会学者。旧姓は白松(しろまつ)、号は南山。 (引用元 Hatena Keyword)