芸能人・経営者のおくやみ情報

佐藤春夫 氏(さとうはるお)

詩人作家[日本]

1964年 5月6日 死去心筋梗塞享年73歳

佐藤春夫 - ウィキペディアより引用

『佐藤春夫 (文学者)』より : 佐藤 春夫(さとう はるお、1892年(明治25年)4月9日 - 1964年(昭和39年)5月6日)は、近代日本の詩人・作家。
艶美清朗な詩歌と倦怠・憂鬱の小説を軸に、文芸評論・随筆・童話・戯曲・評伝・和歌とその活動は多岐に及び、明治末期から昭和まで旺盛に活動した。
筆名を潮鳴、沙塔子、雅号を能火野人と称した。
初代新宮市名誉市民。
学生時代 和歌山県東牟婁郡新宮町(現・新宮市)に医師・佐藤豊太郎(号は鏡水)、政代の長男として生まれる。
母・政代は旧紀州藩士で御庭奉行を務めた竹田家の娘。
佐藤家の家系は代々紀州の下里町で医を業とし、父の豊太郎に至って九代を数えている。
父の豊太郎は正岡子規に私淑した文人でもある。
1898年(明治31年)4月に新宮第一尋常小学校(丹鶴小学校)に入学。
和歌山県立新宮中学校(現・和歌山県立新宮高等学校)在学中、佐藤潮鳴の筆名で校友会誌に「おらば籠」、1908年(明治41年)には『熊野実業新聞』に短歌6首掲載、『明星』に「風」の題で投稿し短歌が石川啄木の選に入り、和貝彦太郎主宰の「はまふゆ」の同人となり、「馬車・食堂」(短歌・詩)を発表。

1892年、和歌山県新宮生まれ。作家、詩人。「田園の憂鬱」で知られるが、本人にとっても印象深い作品となる。詩人としての評価も高い。訳詩とか徒然草の現代語訳も優れている。1910年、慶應義塾大学予科文学部に入学するがやがて中退。堀口大學とは大学時代からの親友。9代続いた医者の家に生まれ、両親は「長男の春夫を医者に」と願ったが両親に背いて文学者になった。「文学者以外の何者にもなれなかった」と語っている。口語詩と文語詩についての、萩原朔太郎との論争は有名。 1964年、心筋梗塞により死去。 (引用元 Hatena Keyword)