芸能人・経営者のおくやみ情報

村田清風(むらたせいふう)

長州藩士、家老[日本]

(安政2年5月26日没)

1855年 7月9日 死去享年73歳

村田清風 - ウィキペディアより引用

村田 清風(むらた せいふう、1783年5月26日(天明3年4月26日) - 1855年7月9日(安政2年5月26日))は、日本の武士・長州藩士(家老)。
贈正四位。
家格大組(別名馬廻)。
生涯 生い立ち 1783年(天明3年)、長門国大津郡三隅村沢江に長州藩士村田光賢(賀屋武矩の子、91石)の長男として生まれた。
通称は亀之助、四郎左衛門、織部。
名は順之、清風。
号は松斎、梅堂。
藩校明倫館では優秀な成績を修め、学費免除のうえ、明倫館書物方となる。
1808年(文化5年)、藩主毛利斉房の小姓として仕える。
以後、斉房から5代の毛利敬親の代まで藩の要職を歴任した。
江戸にて塙保己一などから兵法や海防策を、また海保青陵の著述から経世論を学ぶなど、さらに知識を広げた。
1819年(文政2年)には家督を相続し、祐筆添役や当職手元役、撫育方頭人となる。
藩政改革 1838年(天保9年)、表番頭と江戸仕組掛を兼任して藩政の実権を掌握し、藩主毛利敬親のもとで天保の改革に取り組んだ。

「村田清風」と関連する人物(故人)