芸能人・経営者のおくやみ情報

フェリペ4世Felipe IV

スペイン国王[スペイン]

1665年 9月17日 死去享年61歳

フェリペ4世 - ウィキペディアより引用

フェリペ4世(Felipe IV, 1605年4月8日 - 1665年9月17日)は、スペイン、ナポリ・シチリアの王(在位:1621年 - 1665年)、ポルトガルの王(在位:1621年 - 1640年)。
ポルトガル王としてはフィリペ3世。
フェリペ3世と王妃マルガリータの息子。
生涯 16歳の若さで即位したこともあって、その治世の前半は国政のほとんどを寵臣オリバーレス公伯爵に一任していた。
ただし残された公文書を見ると、1630年代(このときフェリペは20代後半~30代)以降はオリバーレス公伯爵の言うがままというわけでもなかったようである。
1643年にオリバーレス公伯爵を更迭した後は、その甥ルイス・メンデス・デ・アロを首席大臣に起用した。
フェリペ4世の治世のスペインは、なおヨーロッパの強国としての地位を保ってはいたし、文化面でも絵画のディエゴ・ベラスケス、フランシスコ・デ・スルバラン、アロンゾ・カーノ、バルトロメ・エステバン・ムリーリョ、ホセ・デ・リベーラ、あるいはスペイン領ネーデルラントの宮廷に仕えたルーベンスら、文芸ではロペ・デ・ベガ、ペドロ・カルデロン・デ・ラ・バルカ、ゴンゴラ、フランシスコ・デ・ケベードら、他国を圧する才能を輩出していた。