芸能人・経営者のおくやみ情報

高島野十郎 氏(たかしまやじゅうろう)

画家[日本]

1975年 9月17日 死去心不全享年86歳

高島 野十郎(たかしま やじゅうろう、1890年(明治23年)8月6日 - 1975年(昭和50年)9月17日)は、大正~昭和の画家。
独学で絵の道に入り、透徹した精神性でひたすら写実を追求。
終生家族を持たず、画壇とも一切関わらず隠者のような孤高の人生を送った。
本名彌壽(やじゅ)、字は光雄。

福岡県御井郡合川村足穂(現・久留米市合川町)の醸造家高島善蔵・カツの六男二女の五男として生まれた。
足穂尋常小学校、御井高等小学校を経て福岡県立明善高等学校 県立明善中学に進む。
(27期生)。
長兄で詩人の宇朗は15期生、その無二の親友で画家青木繁は19期生。
中学卒業後、東京美術学校進学を希望するも家業を継がず詩作と禅修行に没頭した「宇朗」に懲りて父親に許されず、野十郎は地元第五高等学校 (旧制) 第五高等学校(熊本市)を敬遠、前年開校したばかりの第八高等学校 (旧制) 第八高等学校(名古屋市)に進学する。
初代校長はのちに文部省視学官、東京芸術大学 東京音楽学校長、女子学院院長等を歴任する大島義脩(当時38歳)であった。
野十郎は第二乙類を選択、同校には動植物担当教授で“ハス博士”の大賀一郎がいた。
1年のとき父善蔵病死。