芸能人・経営者のおくやみ情報

パンチョ伊東 氏(ぱんちょいとう)

プロ野球パリーグ元広報部長、解説者[日本]

(本名・伊東一雄)

2002年 7月4日 死去心不全享年69歳

『伊東一雄』より : 伊東 一雄(いとう かずお、1934年4月7日 - 2002年7月4日)は、日本のプロ野球パシフィック・リーグ元広報部長で野球解説者。
「パンチョ伊東」の愛称で広く知られた。
生い立ち 1934年4月7日、東京都豊島区西巣鴨に生まれる。
小学生時、戦火を逃れる為、千葉県市川市に転居。
以後、市川で過ごす。
子供時代から父親の影響で野球好きとなり、後楽園球場の東京巨人軍戦、神宮球場の大学野球に通ってはスコアカード記入などを行っていた。
後楽園球場で行われた1942年5月24日の日本プロ野球史上最長の大洋軍対名古屋軍の延長28回戦や1953年10月31日の大友工が日米野球でニューヨーク・ジャイアンツ相手に完投勝利を収めた試合も観戦した。
西巣鴨第四小、市川小、市川一中を経て、東京都立三高(現在の両国高)に進学する。
パ・リーグ 1959年にパ・リーグ入り。
最初の仕事は中沢不二雄会長秘書であった。
パ・リーグの広報部長を1976年から1991年にかけて担当。
「広報の伊東・記録の千葉(功)(当時のパ・リーグ記録部長)」として知られていた。

本名・伊東一雄 元パ・リーグ広報部長、ドラフト時の司会進行で活躍、メジャーリーグ解説者として活躍した。 2002年7月4日に死去、享年68歳。 (引用元 Hatena Keyword)

「パンチョ伊東」と関連する人物(故人)