芸能人・経営者のおくやみ情報

團伊玖磨 氏(だんいくま)

作曲家[日本]

2001年 5月17日 死去心不全享年78歳

團伊玖磨 - ウィキペディアより引用

團 伊玖磨(だん いくま、1924年(大正13年)4月7日 - 2001年(平成13年)5月17日)は、日本の作曲家、エッセイスト。
日本を代表するクラシック音楽の作曲家の一人である。
作曲家としてはオペラ、交響曲、歌曲などのいわゆるクラシック音楽のほか、童謡、映画音楽、放送音楽と幅広いジャンルを手がけた。
「團 伊玖麿」は誤表記。
生い立ち 1924年(大正13年)、実業家、学者、政治家であった男爵・團伊能の子として、東京・四谷の慶應病院で生まれ、原宿(現在の渋谷区神宮前)で育った。
7歳となった1931年(昭和6年)、青山師範学校附属小学校に入学し、ピアノを学び始めた。
翌年3月、祖父・團琢磨が暗殺された(血盟団事件)ことで、幼心に、物質的な栄達への疑問を抱くようになり、後に芸術を志す動機のひとつとなった。
当時、團という一字姓のため、しばしば「朝鮮人」「シナ人」と怒鳴られたという(事実、700年前の祖先の團将監は宋人だったと伝えられる)。

作曲家、指揮者。随筆作家。 1924年(大正13年)4月7日、生まれ。2001年(平成13年)5月17日、死去。 『ラジオ体操第二』、童謡『ぞうさん』、管弦楽組曲『シルクロード』、オペラ『夕鶴』の作曲や、雑誌「アサヒグラフ」に36年間1814回もの永きに渡って連載された随筆『パイプのけむり』(1964年(昭和39年)6月5日〜2000年(平成12年)10月13日)等の作家で知られる。 2001年(平成13年)5月17日、公演先の中国江蘇省蘇州市にて心不全のため急逝(享年77歳) (引用元 Hatena Keyword)