芸能人・経営者のおくやみ情報

小川未明 氏(おがわみめい)

作家[日本]

1961年 5月11日 死去享年80歳

小川未明 - ウィキペディアより引用

小川 未明 (おがわ みめい、1882年(明治15年)4月7日 - 1961年(昭和36年)5月11日)は、小説家・児童文学作家。
本名は小川 健作(おがわ けんさく)。
「日本のアンデルセン」「日本児童文学の父」と呼ばれる。
娘の岡上鈴江も児童文学者。
なお「未明」は、正しくは「びめい」とよむ。
新潟県高田(現上越市)に生まれる。
父澄晴はかつて修験者だった。
上杉謙信の熱烈な崇拝者でもあった澄晴は、春日山神社を創建するため奔走した。
旧制高田中学(現新潟県立高田高等学校)、東京専門学校(早稲田大学の前身)専門部哲学科を経て大学部英文科を卒業、坪内逍遙や島村抱月から指導を受け、また出講していたラフカディオ・ハーンの講義に感銘を受け、卒業論文ではハーンを論じた。
在学中、ロシア文学に親しみ、またナロードニキの思想に関心を寄せた。
在学中の1904年(明治37年)、処女作「漂浪児」を雑誌『新小説』に発表し注目される。
この時、逍遥から「未明」の号を与えられる。
卒業直前に『新小説』に発表した「霰に霙」で小説家として一定の地位を築く。