芸能人・経営者のおくやみ情報

ウィリアム・ワーズワースWilliam Wordsworth

詩人[イギリス]

1850年 4月23日 死去享年81歳

ウィリアム・ワーズワース - ウィキペディアより引用

ウィリアム・ワーズワース(Sir William Wordsworth, 1770年4月7日 - 1850年4月23日)は、イギリスの代表的なロマン派詩人である。
湖水地方をこよなく愛し、純朴であると共に情熱を秘めた自然讃美の詩を書いた。
同じくロマン派の詩人であるサミュエル・テイラー・コールリッジは親友で、最初の作品集はコールリッジとの共著であった。
多くの英国ロマン主義詩人が夭折したのに対し、彼は長命で、1843年に73歳で桂冠詩人となった。
生涯 ワーズワースは1770年、北西イングランドの「湖水地方」と呼ばれる風光明媚なコッカマスに、5人兄弟の第2子として誕生した。
1778年、母の死去と共に、ワーズワースの父は彼を学校へと送るが、法律家であった父もまた1783年に世を去る。
ワーズワースは孤独な少年時代を送るが、自然の美しさが彼の心の慰めとなった。
1787年、ケンブリッジ大学のセント・ジョンズ・カレッジに入学する。
1790年、フランスに渡り、フランス革命の熱狂のなかで革命を支持したが、「革命」の名のもとに民衆が行った蛮行(九月虐殺)の惨状を見て、後年は保守的に傾いていった。

William Wordsworth (1770-1850) イギリスの詩人。 1843〜1850年にはイギリス王室認定の桂冠詩人の称号が与えられる。 (引用元 Hatena Keyword)